フクダカヨ絵日記

平成の長谷川町子と言われたり言われなかったり

2005年05月

お義母さまの声は、どうも私の心に届きにくい。 案外いい事言ってくれてんだけどね。 ... 続きを読む
お義母さまの声は、どうも私の心に届きにくい。
案外いい事言ってくれてんだけどね。

050517

夜、お義母様を車で迎えに行き、途中の暗い道で拾った。 小春はベビーシートが大嫌いなので泣き叫んでいた。 「こ〜は〜るちゃん」 お義母様はずっと声をかけていた。 そして手は私の膝の上に…。 暗くて間違えたのだとは思ったが、しばらくの間、言い出せずにいた。 ... 続きを読む
夜、お義母様を車で迎えに行き、途中の暗い道で拾った。
小春はベビーシートが大嫌いなので泣き叫んでいた。
「こ〜は〜るちゃん」
お義母様はずっと声をかけていた。
そして手は私の膝の上に…。
暗くて間違えたのだとは思ったが、しばらくの間、言い出せずにいた。

050424b

小春へは嬉しいことに、おもちゃや絵本などよくおみやげを頂く。 この前、母が同窓会で横浜に行き、何故かハンドタオルを買って来た。 「なんかネーム入れてくれたよ!」 「ああ、ありがとう。この前ももらったけど、幼稚園とかにいいよね」 と包みを開けると、そこには「kay ... 続きを読む
小春へは嬉しいことに、おもちゃや絵本などよくおみやげを頂く。
この前、母が同窓会で横浜に行き、何故かハンドタオルを買って来た。
「なんかネーム入れてくれたよ!」
「ああ、ありがとう。この前ももらったけど、幼稚園とかにいいよね」
と包みを開けると、そこには「kayo」って…。

私はまだまだ愛されているらしい。

050424a

坂道の途中で出会ったおばさん、 毛穴という毛穴から汗を噴き出させながらしゃべりかけてきた。 「こういう所(うちの周りは緑だらけ)で子ども育てるといい子になるわよ〜。うちなんてレスキュー隊3回よ。」 「は?」 おばさんはそれまで都心に住んでいて、子どもが小さい ... 続きを読む
坂道の途中で出会ったおばさん、
毛穴という毛穴から汗を噴き出させながらしゃべりかけてきた。
「こういう所(うちの周りは緑だらけ)で子ども育てるといい子になるわよ〜。うちなんてレスキュー隊3回よ。」
「は?」
おばさんはそれまで都心に住んでいて、子どもが小さい時にコンクリートの壁に挟まったりなど、レスキュー隊を呼ぶ様な事故が3回もあったらしい。
1回目の話で坂の上に着き、その後も止める気配はなく、
レスキュー隊、あと2回分もつきあった。
子どものために引越は3回、住宅ローンも3回組み直したそうだ。
私は、彼女の話を延々聞かされている住宅ローン担当の銀行員を想像し、
涙した。

050519

うかつだった。 小春はもうはいはいも寝返りもつかまり立ちもできるようになったのに、 「ちょっと待っててね〜」なんて ベッドの上に座らせて、床をふいていた。 当然落下。 その日は、各方面にご迷惑をおかけしながら、 心配で心配で落ち着かなかった。 ... 続きを読む
うかつだった。
小春はもうはいはいも寝返りもつかまり立ちもできるようになったのに、
「ちょっと待っててね〜」なんて
ベッドの上に座らせて、床をふいていた。
当然落下。
その日は、各方面にご迷惑をおかけしながら、
心配で心配で落ち着かなかった。

050516

3月に発売された『傘が首にかかってますけど〜フクダカヨ絵日記』には、 私の友人知人がたくさん登場している。 みなさんにはだいたい「出てるよ」と言ってプレゼントしたり買わせたりした。 でもなんとなく後ろめたくて出てると言えなかった人もいる。 美穂とみつるが遊び ... 続きを読む
3月に発売された『傘が首にかかってますけど〜フクダカヨ絵日記』には、
私の友人知人がたくさん登場している。
みなさんにはだいたい「出てるよ」と言ってプレゼントしたり買わせたりした。
でもなんとなく後ろめたくて出てると言えなかった人もいる。

美穂とみつるが遊びに来た。
みつるが美穂に言った。
「あの本に僕も出てるんだよ。」
…あっ!

050504

正面にいた入江ちゃんの話では、みつるは嬉しそうだったらしい。
心の広いみつるはとても素敵な人です。
(あの326とは無関係。おばさんみたいに描いちゃった眼鏡の人です。)
そしてその日記がこれ↓(ブログ未掲載、本にのみ収録)
     ++++++

<鍋は小さかった>
リエちゃんちの鍋は思いのほか小さかった。

030111

菅野さんちに遊びに行った。 きっと建築デザイナーが設計したのであろう素敵なお住まい。 旦那様は作曲家、奥様はピアニスト、ご子息の俊介くんはバイオリンをやっていて非常に賢い感じ。小学生ながら理路整然としている。 入江ちゃんがナプキンを落とした。 「はい、どうぞ ... 続きを読む
菅野さんちに遊びに行った。
きっと建築デザイナーが設計したのであろう素敵なお住まい。
旦那様は作曲家、奥様はピアニスト、ご子息の俊介くんはバイオリンをやっていて非常に賢い感じ。小学生ながら理路整然としている。
入江ちゃんがナプキンを落とした。
「はい、どうぞ」
素早く俊介くんが拾って差し出してくれた。足で。
「俊介、今のは面白かったけど衛生的にちょっとな。」
その瞬間、この一家とはこの先も是非おつきあいして頂きたいと思った。

050319

入江小春、はいはいできるようになりました。 自信がついたのか顔つきが赤ちゃんから子どもに変わった気がします。 お祝いに床ふきやりました。 子どもになった小春 ↓ http://enikki.cocolog-nifty.com/iriephoto/2005/05/post_c977.html ... 続きを読む
入江小春、はいはいできるようになりました。
自信がついたのか顔つきが赤ちゃんから子どもに変わった気がします。
お祝いに床ふきやりました。

050429b

子どもになった小春

http://enikki.cocolog-nifty.com/iriephoto/2005/05/post_c977.html

鯉のぼり買いました。 妊娠中から男でも女でも買おうと決めてました。 こどもの日って、子どもの時から男の子のおまけというか、副委員長というか、いまいち乗り切れないところがあったけど、これで晴れて正式メンバー。 5月5日は菖蒲湯に入り、おふとんの下に菖蒲の葉を敷 ... 続きを読む
鯉のぼり買いました。
妊娠中から男でも女でも買おうと決めてました。
こどもの日って、子どもの時から男の子のおまけというか、副委員長というか、いまいち乗り切れないところがあったけど、これで晴れて正式メンバー。
5月5日は菖蒲湯に入り、おふとんの下に菖蒲の葉を敷き、柏餅を食べます。
季節の行事って楽しい。

050429a