フクダカヨ絵日記

平成の長谷川町子と言われたり言われなかったり

2007年03月

「ねぇ、ねぇ、田中君、女子トイレの『大』のマークの事、知ってた?」 レストランで席に着くやいなや、待ちきれなかったように入江ちゃんが聞いた。 「???」聞かれた田中君も奥さんのまっきんもポカンとしてた。 私もびっくりした。だって、それ1週間前に私がついた嘘だ ... 続きを読む
「ねぇ、ねぇ、田中君、女子トイレの『大』のマークの事、知ってた?」
レストランで席に着くやいなや、待ちきれなかったように入江ちゃんが聞いた。
「???」聞かれた田中君も奥さんのまっきんもポカンとしてた。
私もびっくりした。だって、それ1週間前に私がついた嘘だもの。

スーパーでトイレから戻って来た私に、入江ちゃんが「遅い!」って言ったから、
「女子トイレは大と小に分かれてるから、おしっこの人は結構並ぶんだよね。」
って、しょうもない事を本気でだますつもりもなく言ったのだ。
嘘は流れ出すと止まらない。
「え?ホント?どんなマーク?」
「え〜〜場所によって違うけど、ここのは人が座ってるマークが『大』の方にだけついてたかなぁ。」
「必ず分かれてるの?」
「小さい所だと分かれてないけど、これくらいの規模の店は大抵…。」
飛んで来る様々な質問に、少し面倒くさそうに、だけど的確に答えていった。
「今まで知らなかったの?男の人って案外知らない人多いのかなぁ。」
「知らないよ!絶対!え〜〜ショックだな〜、オレ結構何でも知ってる方だと思っていたのにな〜」
「今度田中くんに聞いてみれば?まっきんと仲いいからきっとそんな話もしてるんじゃない?」

確かに私が言った。
そしてその事をすっぱり忘れてた。
ごめんね。

070317_1

妊娠6ヶ月。お腹も随分大きくなってきた。 でもコートを着ていたりすると、見た目から妊婦かどうかの判断はまだ難しいらしい。 この前、電車の優先席付近でつり革につかまって立っていたら、 前に座った親子が、私の顔とお腹を何度もちらちら見比べたり、 目を閉じてみたり ... 続きを読む
妊娠6ヶ月。お腹も随分大きくなってきた。
でもコートを着ていたりすると、見た目から妊婦かどうかの判断はまだ難しいらしい。
この前、電車の優先席付近でつり革につかまって立っていたら、
前に座った親子が、私の顔とお腹を何度もちらちら見比べたり、
目を閉じてみたり、薄目開けて私の足を覗き込んだり(足の太さの確認か?)、
気の毒なくらい落ち着かない様子だった。
「ども!妊婦です!よかったら席譲ってもらいましょうか?」
そんなさっぱりした妊婦に、私はなりたい。

070313

小春胎内在籍中の頃の日記↓
http://enikki.cocolog-nifty.com/enikki/2004/06/post_21.html

私がホントに好きで、大好きで、いつも家で聴いているのはアンサリーさんです。 そして、そのアンサリーさんちに遊びに行きました。 アンサリーさんは、気取ってなくて作ってなくて、娘ちゃんは面白くて(アンサリーさんが何か言うと誰よりも真っ先に大笑いします。)旦那さ ... 続きを読む
私がホントに好きで、大好きで、いつも家で聴いているのはアンサリーさんです。
そして、そのアンサリーさんちに遊びに行きました。
アンサリーさんは、気取ってなくて作ってなくて、娘ちゃんは面白くて(アンサリーさんが何か言うと誰よりも真っ先に大笑いします。)旦那さんも感じがよくて、幸せな一日でした。
現在、アンサリーさんも私も妊婦。
前回は私が半年ばかり早く小春を生んだけど、今回はアンサリーさんが先にご出産です。

070318

「ボク、後悔してるんだ。」 道で出会ったわたしのともだちが、珍しく自分から話し出した。 「今日、マラソン大会で、ず〜っと走って追いかけたのに、 参加した人しか賞品はもらえなかったんだ。 走ったのに。出ればよかった。」 ホント、その通りだね。大好きです。わたし ... 続きを読む
「ボク、後悔してるんだ。」
道で出会ったわたしのともだちが、珍しく自分から話し出した。
「今日、マラソン大会で、ず〜っと走って追いかけたのに、
参加した人しか賞品はもらえなかったんだ。
走ったのに。出ればよかった。」

ホント、その通りだね。大好きです。わたしのともだち。

070310

2〜3ヶ月ぶりじゃなかっただろうか。 わたしのともだちに会った。 「ひさしぶりだね〜。」「…?うん…。」(忘れたか?) 「今度何年生になんの?」「4年」 嬉しくなってテンションも上がり、慌てて声をかけたが、彼はいつもと変わらずのんびりと返事し、歩いて行った。 ... 続きを読む
2〜3ヶ月ぶりじゃなかっただろうか。
わたしのともだちに会った。
「ひさしぶりだね〜。」「…?うん…。」(忘れたか?)
「今度何年生になんの?」「4年」
嬉しくなってテンションも上がり、慌てて声をかけたが、彼はいつもと変わらずのんびりと返事し、歩いて行った。
ふと、声をかける直前、彼が空の方を見て微笑んでいたのを思い出し、私も空を見た。
オレンジがかった夕方の空に、飛行機雲が1本。
この頃焦る気持ちに行動がついて行かず、ざわざわもやもやしていた私の心が、す〜っと静まった気がした。
私に足りなかったのはわたしのともだちだった。

070309

お腹が痛くなり(ヨーグルトや苺をたくさん食べたから)、 痛みに弱い私は、大声でうめいていた。 小春は、私のお腹をさすったり、チューしたり…。 「大丈夫?痛いの?」「ちょっとごはん食べてくるけど、寝ててね。」 など、ものすごいお姉さんぶり。 『小春、すげ〜なぁ〜 ... 続きを読む
お腹が痛くなり(ヨーグルトや苺をたくさん食べたから)、
痛みに弱い私は、大声でうめいていた。
小春は、私のお腹をさすったり、チューしたり…。
「大丈夫?痛いの?」「ちょっとごはん食べてくるけど、寝ててね。」
など、ものすごいお姉さんぶり。
『小春、すげ〜なぁ〜、いくつだよ』
って私が思ってる時には、小春の目に絵本が飛び込んでいたらしい。
「読んで!」と笑顔で絵本を押し付けて来た。
2歳だった。

070307

助産院の検診で体重を測ったら激増してた。 体は小さく、結構高齢な私は、太って産道を狭めたり、お腹の赤ちゃんを大きくしすぎたりしたら、助産院で自然分娩は望めない。 そういえば毎日動かずに食べてた。 反省しつつ、その足で、中華街へ。 豚バラ飯としゅうまいと五目堅 ... 続きを読む
助産院の検診で体重を測ったら激増してた。
体は小さく、結構高齢な私は、太って産道を狭めたり、お腹の赤ちゃんを大きくしすぎたりしたら、助産院で自然分娩は望めない。
そういえば毎日動かずに食べてた。
反省しつつ、その足で、中華街へ。
豚バラ飯としゅうまいと五目堅焼きそばと鳥そばとエビから煮を食べました。
今後は気をつけます。

070303