フクダカヨ絵日記

平成の長谷川町子と言われたり言われなかったり

2011年02月

断乳ポスターで初日すんなり成功。 2日目 号泣 3日目〜4日目 目にくっつく位の距離でおっぱい見学 を経て、どうやら夏乃はご卒乳。 おっぱい触りながら眠っている。 そしてここ1週間ほど、私は仕事で夜遅くに帰って来て、夏乃に絡まるようにして寝ている。 体の芯から ... 続きを読む
断乳ポスターで初日すんなり成功。
2日目 号泣
3日目〜4日目 目にくっつく位の距離でおっぱい見学
を経て、どうやら夏乃はご卒乳。
おっぱい触りながら眠っている。
そしてここ1週間ほど、私は仕事で夜遅くに帰って来て、夏乃に絡まるようにして寝ている。
体の芯からじわ〜っと安心する。
おっぱい飲むって、きっとこんな気持ちだったんだろうな。

110226a

110226b

小春たちとおうちごっこをやらされていたマッキン。 リサというおしゃれな名前をあてがわれ、買い物にやられて下に降りて来た。 「おうちごっこなんて、何十年ぶりにやったわ。 …あんま、おもろないな」。 またマッキンが好きになった。 ... 続きを読む
小春たちとおうちごっこをやらされていたマッキン。
リサというおしゃれな名前をあてがわれ、買い物にやられて下に降りて来た。
「おうちごっこなんて、何十年ぶりにやったわ。
…あんま、おもろないな」。

またマッキンが好きになった。

110217

保育園に迎えに行くと、夏乃が泣いていた。 きっかけはともだちとのトラブルだったらしい。 でも泣いているうちに、「おっぱい飲みた〜い。おっぱい飲みたい」と…。 「我慢したけど、やっぱり飲みたい」と先生に言ったそうだ。 夜、やはり、夏乃は大泣きした。 もはやポス ... 続きを読む
保育園に迎えに行くと、夏乃が泣いていた。
きっかけはともだちとのトラブルだったらしい。
でも泣いているうちに、「おっぱい飲みた〜い。おっぱい飲みたい」と…。
「我慢したけど、やっぱり飲みたい」と先生に言ったそうだ。

夜、やはり、夏乃は大泣きした。
もはやポスターの威力はなし。
心配して見に来た入江ちゃんが側にいなければ、私は飲ませていたかもしれない。
お互いつらい長い時間を過ごし、結局夏乃は泣き疲れておっぱい触って寝た。

小春が描いたポスターですっきり卒乳!
なんていい話では終わらなかった。
あのポスターを高値で販売する私の野望も消えた。
今宵もがんばります。

110216a

110216b

朝、起きてみんなで抱き合って喜びました。 夜中起きてちょっとだけ泣いたけど、 「ほら、ポスター…」と言ったら、飲まずに触って寝ることにした夏乃。 なっちゃん、えらい! 小春、ありがとう。 おかあさんは今日非常に元気。 あのポスターの効果は絶大です。 ... 続きを読む
朝、起きてみんなで抱き合って喜びました。
夜中起きてちょっとだけ泣いたけど、
「ほら、ポスター…」と言ったら、飲まずに触って寝ることにした夏乃。
なっちゃん、えらい!
小春、ありがとう。
おかあさんは今日非常に元気。
あのポスターの効果は絶大です。

110215

実は、まだおっぱい飲んでます。夏乃(3歳7ヶ月)。 正直「まあ、いっか」と思ってる母親の心を見透かしたかのように、 「もう飲まない」という夏乃の宣言は、心がこもってなく安い。 夜だけでなく、昼までもたまに暇になると飲みに来て、 「おっぱい飲ませないなら。テレ ... 続きを読む
実は、まだおっぱい飲んでます。夏乃(3歳7ヶ月)。
正直「まあ、いっか」と思ってる母親の心を見透かしたかのように、
「もう飲まない」という夏乃の宣言は、心がこもってなく安い。
夜だけでなく、昼までもたまに暇になると飲みに来て、
「おっぱい飲ませないなら。テレビ見せない!」という
ひどい脅し文句まで飛び出す。

体力があれば、別にいいのだけれど、一晩中飲まれているので、
朝起きると寝る前より疲れていることがある。
夏乃に説明するのだけれど、納得する気配もない。
今朝、思いあまって小春に相談した。
すると、小春がポスターを作ってくれた。
さあ、今晩からこのポスターは効力を発揮してくれるのだろうか。

110214a

110214b

そしてこれがそのポスター↓
Oppai
「おっぱいは、ばっつ(×)」(コピーは夏乃本人が考えました)

全員がおもらししなくなったら、犬を飼おう。 そんな約束が数年前からできている。 そして、犬熱が高まると、思い出したようにどちらかが漏らす。 いつか来るかな、犬。 その日は近いような遠いような。 ... 続きを読む
全員がおもらししなくなったら、犬を飼おう。
そんな約束が数年前からできている。
そして、犬熱が高まると、思い出したようにどちらかが漏らす。
いつか来るかな、犬。
その日は近いような遠いような。

110209

駐輪場で、自転車がたくさん倒れている。 わ〜大変そ〜〜なんて思って進んでいくと、 その倒れている自転車たちを1台で支えている奇跡の自転車が。 私の自転車だった。 『え〜〜〜〜〜うそぉ〜〜〜あんな先から直していくのかよ〜〜』 と(もしかして声に出てたかもしれない ... 続きを読む
駐輪場で、自転車がたくさん倒れている。
わ〜大変そ〜〜なんて思って進んでいくと、
その倒れている自転車たちを1台で支えている奇跡の自転車が。
私の自転車だった。
『え〜〜〜〜〜うそぉ〜〜〜あんな先から直していくのかよ〜〜』
と(もしかして声に出てたかもしれない)げんなりしながら、
試しに自分の自転車の隣りの自転車をそっと起こしてみた。
立った!奇跡の跡継ぎ。
この奇跡のリレーが続きますようにと心から祈ってその場を去った。

110208_2

昨日の節分。 保育園の先生が聞いた。 「みんなの中には何鬼がいますか?」 ねぼすけ鬼が8割を占める中、しーくんが答えた。 「乾燥鬼」 そして小さく付け加えた。 「手がかさかさなんだもん…」                 (小春より伝聞) ... 続きを読む
昨日の節分。
保育園の先生が聞いた。
「みんなの中には何鬼がいますか?」
ねぼすけ鬼が8割を占める中、しーくんが答えた。
「乾燥鬼」
そして小さく付け加えた。
「手がかさかさなんだもん…」
                (小春より伝聞)
110203

自動改札で、私の前の人がひっかかった。 背後から「チッ!」。感じの悪い舌打ちが聞こえ、男が隣りの改札に移動。 が、その男もひっかかってしまい、 「おかぁ〜さぁ〜ん!」 怒ったような泣きそうな声で叫んだ。 ... 続きを読む
自動改札で、私の前の人がひっかかった。
背後から「チッ!」。感じの悪い舌打ちが聞こえ、男が隣りの改札に移動。
が、その男もひっかかってしまい、
「おかぁ〜さぁ〜ん!」
怒ったような泣きそうな声で叫んだ。

110202