フクダカヨ絵日記

平成の長谷川町子と言われたり言われなかったり

2011年06月

この蒸し暑い中、てくてく30分歩いて駅前のスタバに。 注文してお金を払おうとしたら財布がない。 美人の店員さんに笑顔で見送られ、とぼとぼ歩き出すと タイミングよく、駅近の友人から着信。 スタバ→財布ない→彼女 の図は実は何度もある。 うれしくなって元気に電話に出 ... 続きを読む
この蒸し暑い中、てくてく30分歩いて駅前のスタバに。
注文してお金を払おうとしたら財布がない。
美人の店員さんに笑顔で見送られ、とぼとぼ歩き出すと
タイミングよく、駅近の友人から着信。
スタバ→財布ない→彼女 の図は実は何度もある
うれしくなって元気に電話に出た。
「おはよ!お金貸して!」
みな一斉に振り返った。
確かにその2つの言葉は少々相性がよくなかったね。

110628

悩んでいることがあったので、思い切ってお風呂で相談した。 「あの〜すみません。 私、最近子どもたちに怒りすぎてしまうんですが、 どうしたらよいでしょうか?」 小春相談員は、少し考えてから言った。 「ギューとかチューとかしたら良いと思いますよ♡」 夏乃相談員は、 ... 続きを読む
悩んでいることがあったので、思い切ってお風呂で相談した。
「あの〜すみません。
私、最近子どもたちに怒りすぎてしまうんですが、
どうしたらよいでしょうか?」
小春相談員は、少し考えてから言った。
「ギューとかチューとかしたら良いと思いますよ♡」
夏乃相談員は、言った。
「ギューとチューと、サワジカエリカ ですね♡」

無茶な回答もあるが、相談してよかった。
またあの相談風呂に行こう。
110620

ご飯を汚く食べる人になって欲しくない。 箸の持ち方、姿勢…。 小春を注意しているうちにイライラして口調がどんどんきつくなり、 父と母2人して責め立ててしまっていた。 朝食は最悪の空気。 箸をようやく上手く持てた小春に 「そう、そんな感じ。それと…」 さらに他のこ ... 続きを読む
ご飯を汚く食べる人になって欲しくない。
箸の持ち方、姿勢…。
小春を注意しているうちにイライラして口調がどんどんきつくなり、
父と母2人して責め立ててしまっていた。
朝食は最悪の空気。
箸をようやく上手く持てた小春に
「そう、そんな感じ。それと…」
さらに他のことを注意しようとした時、夏乃が言った。
「はい♡小春ちゃんに拍手〜〜!」

嫌な空気が見事に一変。
我に返った。
ごめんなさい、小春。ありがとう、なっちゃん。

110618

友人の家具作家がわさんの作る物はとてもかっこいい。 本棚でもダイニングテーブルでも、 置く場所さえ伝えれば、予想をはるかに上回るものがやってくる。 「がわさんに任せとけば間違いない」 我が家のがわさんに対する信頼は非常に厚い。 この前、がわさんに我が家の懸案事 ... 続きを読む
友人の家具作家がわさんの作る物はとてもかっこいい。
本棚でもダイニングテーブルでも、
置く場所さえ伝えれば、予想をはるかに上回るものがやってくる。
「がわさんに任せとけば間違いない」
我が家のがわさんに対する信頼は非常に厚い。
この前、がわさんに我が家の懸案事項、『階段下収納に作り付けの棚を』
を相談した。
すると、
「整理したら」
と言われた。
信頼できる男。がわさん。

110522

「あ、ここで小狸見たよ」 と小春が言った。 「なっちゃんはね、この辺でいつも狸寝入りするの」 と夏乃が言った。 おっぱいやめて以来、なかなか寝付けない夏乃を夜ドライブに連れて行くことがある。 いつだって、眠って抱きかかえられて帰ってくるのだが、 いつだって、ベ ... 続きを読む
「あ、ここで小狸見たよ」
と小春が言った。
「なっちゃんはね、この辺でいつも狸寝入りするの」
と夏乃が言った。

おっぱいやめて以来、なかなか寝付けない夏乃を夜ドライブに連れて行くことがある。
いつだって、眠って抱きかかえられて帰ってくるのだが、
いつだって、ベットに降ろすとパチッと目を開け、二カッと笑う。

110611

2階に上がろうとしたら、なっちゃんが気配を消して立っていた。 …カラーン。 ギターの中にピックを落として立ち去った。 毎回入江ちゃんが困ってた。 犯人は見当ついてたけど、目の当たりにすると結構うれしいね。 ... 続きを読む
2階に上がろうとしたら、なっちゃんが気配を消して立っていた。
…カラーン。
ギターの中にピックを落として立ち去った。
毎回入江ちゃんが困ってた。
犯人は見当ついてたけど、目の当たりにすると結構うれしいね。

110608

小春の歯が2本抜けた。 1本は屋根の上に投げたが、もう1本はティッシュに包んで枕の下に入れて寝ると言う。 「朝になると歯が宝石になってるかもしれないんだって!」 友達に教わったらしい。 よくわからないけど、何もしないのもなんなんで、とりあえず、 家にあったおも ... 続きを読む
小春の歯が2本抜けた。
1本は屋根の上に投げたが、もう1本はティッシュに包んで枕の下に入れて寝ると言う。
「朝になると歯が宝石になってるかもしれないんだって!」
友達に教わったらしい。
よくわからないけど、何もしないのもなんなんで、とりあえず、
家にあったおもちゃの宝石をティッシュに包んで枕の下に…。
朝、小春は一瞬喜んだが、すぐばれた。
やはり安易すぎたか。
でも…
「ママ、なんで、わかったか、わかる[E:annoy]?
こーが包んだティッシュは少し汚れてた!」
あ〜、惜しかった!

110531_2