フクダカヨ絵日記

平成の長谷川町子と言われたり言われなかったり

2011年12月

夕食前。一日の疲れで子どもも親もイライラ溜まる魔の時刻。 小春と喧嘩して私が家を出ようとした。 小春は泣きながら言った。 「わ〜〜ん、ギューしてほしかっただけなんだよ〜〜」 抱き合う母と子。 涙の物語の本編に、つかず離れずがんばっていたあなたの事を 決して忘れ ... 続きを読む
夕食前。一日の疲れで子どもも親もイライラ溜まる魔の時刻。
小春と喧嘩して私が家を出ようとした。
小春は泣きながら言った。
「わ〜〜ん、ギューしてほしかっただけなんだよ〜〜」
抱き合う母と子。
涙の物語の本編に、つかず離れずがんばっていたあなたの事を
決して忘れはしないからな!

111201

あのね、こー(こはる)ね、昨日こんな夢みたの。 お風呂から上がって、裸のまんまでずっといたら、 宅急便の人が来て、急いで台所に隠れたんだけど、 どんどんどんどん他の宅急便屋さんも来ちゃって、 10個サイン下さいっていう人もいて、 出られなくなっちゃったの。 ... 続きを読む
あのね、こー(こはる)ね、昨日こんな夢みたの。
お風呂から上がって、裸のまんまでずっといたら、
宅急便の人が来て、急いで台所に隠れたんだけど、
どんどんどんどん他の宅急便屋さんも来ちゃって、
10個サイン下さいっていう人もいて、
出られなくなっちゃったの。

111202

保育園のおまつりでお手伝いの父母が、胸につける赤いリボン。 返すの忘れて家に持って帰って来てしまった。 その辺に適当に置いといたら、小春が胸につけて言った。 「これつけてる人は、ギュッとしてって誰か言ったら、 ぴゅーって走って来てくれるってことね」 ... 続きを読む
保育園のおまつりでお手伝いの父母が、胸につける赤いリボン。
返すの忘れて家に持って帰って来てしまった。
その辺に適当に置いといたら、小春が胸につけて言った。
「これつけてる人は、ギュッとしてって誰か言ったら、
ぴゅーって走って来てくれるってことね」

111127