フクダカヨ絵日記

平成の長谷川町子と言われたり言われなかったり

2012年06月

「お〜〜っちょこちょ〜〜い、おっちょ〜〜こちょ〜〜い」 結婚式の曲(ワーグナー:「婚礼の合唱」)のメロディーで歌い出した夏乃。 夏乃がその曲、その言葉を知っていたことが意外で、 父と母はかなり笑った。 けれど、その時、もっと意外なことが起こっていたことに 私 ... 続きを読む
「お〜〜っちょこちょ〜〜い、おっちょ〜〜こちょ〜〜い」
結婚式の曲(ワーグナー:「婚礼の合唱」)のメロディーで歌い出した夏乃。
夏乃がその曲、その言葉を知っていたことが意外で、
父と母はかなり笑った。

けれど、その時、もっと意外なことが起こっていたことに
私たちは気がついてなかった。
2、3日後。
「…あのね、小春ね、なっちゃんが最初にあの歌うたった時、
おっちょこちょいになりたいって考えてたの。」

120616
<小春のことば>
120616koharuss

こはるちゃんが自転車を乗れるようになりました。 なっちゃんだって補助輪付き、がんばって乗れるようになりました。 そして、なっちゃんは補助輪を外してくれと言い出しました。 自転車の練習は、緊張することも集中することもなく、 べちゃべちゃ喋りながら何度かやりまし ... 続きを読む
こはるちゃんが自転車を乗れるようになりました。
なっちゃんだって補助輪付き、がんばって乗れるようになりました。
そして、なっちゃんは補助輪を外してくれと言い出しました。
120610a
自転車の練習は、緊張することも集中することもなく、
べちゃべちゃ喋りながら何度かやりました。
ある日、なっちゃんがおしゃべりを始める前にお母さんは手を離しました。
あっさり乗れちゃいました。
120610b
俄然、火がつきました。
ワンピースからおズボンに着替え、ヘルメットもしっかり被り公園へ。
まぐれではなく、もうちゃんと乗れています。
そしてなんでかわからないけど、
途中で自転車から降りて全速力で公園を1周しました。
120610c

すごい。すごい!すごい!すごい!
ホントに乗れるようになっちゃった。

120610d
お母さんは、ちょっとさみしくなりました。

夕食後。生ゴミも処理し、シンクをピカピカに磨き上げた後に、 魚焼きグリルを忘れていたことに気がついた時の気持ちは、 他に例えようがない。 ... 続きを読む
夕食後。生ゴミも処理し、シンクをピカピカに磨き上げた後に、
魚焼きグリルを忘れていたことに気がついた時の気持ちは、
他に例えようがない。

120607

散歩は楽しい。知らない町だとなおのこと。 わっ、こんな所にこんな場所!?なんだろ、ここは? わくわくは続く。 この前も茂みの中に階段を見つけ、進んだ先には気持ちの良い広場。 遠くで太極拳的な動きをしている人々。 …はっ。ふと我に返る。 危ない。当然のように話し ... 続きを読む
散歩は楽しい。知らない町だとなおのこと。
わっ、こんな所にこんな場所!?なんだろ、ここは?
わくわくは続く。
この前も茂みの中に階段を見つけ、進んだ先には気持ちの良い広場。
遠くで太極拳的な動きをしている人々。
…はっ。ふと我に返る。
危ない。当然のように話しかけるところだった。
完全に、ちい散歩気取りだった。

120605_2