うちの玄関にはお獅子の陶芸作家、藤原くんが作ったあうんが一対ある。
まぬけな顔でとても気に入っている。
この夏、信楽で藤原くんの工房を訪ねた。
そして藤原くんのおじいちゃんの作品を見て驚いた。もっとまぬけなのだ。
藤原くんも「あの抜け具合は真似できない」と言っていた。
作者の思いだとか意図だとかそんな煩わしいものをいっさい削ぎ落とした、気持ちのいい作品ばかりだった。
年をとることでしか出せないすごさがあった。
年をとるのが楽しくなってきた。

040807b.gif