うちの近くのヤマザキショップのおばさんは愛想が悪い。
いつも怒った顔をしている。
だけど、ちょっとだけ頬がゆるむ時がある。
「それ、新製品。」
おばさんの店はとても小さい。
世に数々送り出される新製品のお菓子の中で、
彼女の店に置いてもらえるのは、選りすぐりの一品だ。

050419