ある有名私立大学付属の幼稚園の側で。
水色のワンピースにふわふわの巻き髪のおかあさんが、娘さんを見据え、
「あなたはどれだけ偉いんですか!」
どれだけ偉いかってねぇ〜って思いながら通りすぎ、用事を済ませ戻って来るとまだ同じ場所に親子は立っていた。その間20分くらいだっただろうか。
「どれだけ偉いんですか!」
まだ問いただされていた。
なんと答えればよかったのだろう。

051205