通勤電車は混み始めたけど、職場の活気は戻って来ない…
そんな8月17日は私の誕生日でした。
今年はなぜかお義母さまの家で祝ってもらいました。
ろうそくに火を点し、電気を消すと、小春がくねくねと照れだし、キャーっと歓喜の雄叫びまで…。
「はっぴーばーすで〜小春ちゃん〜」
は小春の『もっかい!」の声で7〜8回は繰り返された。
まあ、30代も山場を過ぎてお誕生会ってのも気恥ずかしいし、
これからは毎年私の代わりに、小春が誕生日を迎えてくれるのもいいなと思った。

でも、やっぱりそれはまずい。
私は80歳を過ぎた自分の絵日記を見るのが楽しみなのだ。
そこまで行けば、
余計なものは削ぎ落とされ、それでいてわがままな、
ものすごくいい絵日記を描けるのではないかとわくわくしている。

060817