やまほんは、三重の山里でとてもかっこいいギャラリーをやっている。
背が高く、顔も小さく、口数は少なく、飲み屋では店の女の子にキャーキャー言われる。
やまほんと知り合って間もない4年程前の12月、渋谷を二人で歩いていると、
突然ぽつり、ぽつりとやまほんがしゃべり始めた。
「東京って、、、、こうやってすぐ街中がクリスマス一色になるやんか、、、」
「うん」
東京批判か?文明批判か? 私は身構えた。
「…心躍ってしまうわ。」

おかげであれからクリスマスが近づくと、にやにやしてしまう。

061212