この蒸し暑い中、てくてく30分歩いて駅前のスタバに。
注文してお金を払おうとしたら財布がない。
美人の店員さんに笑顔で見送られ、とぼとぼ歩き出すと
タイミングよく、駅近の友人から着信。
スタバ→財布ない→彼女 の図は実は何度もある
うれしくなって元気に電話に出た。
「おはよ!お金貸して!」
みな一斉に振り返った。
確かにその2つの言葉は少々相性がよくなかったね。

110628