険悪な雰囲気の夕食。
それまで黙っていた私が一気に小春への怒りを吐き出してるその時。
夏乃は、父の耳元で何やら囁く。
その内容は…、
「ママ、おかわりしたよ」

111217