田中くんがトイレからなかなか戻ってこなかった。
大人たちはそれぞれ暗黙に了解していた。
が、子どもが田中くんのトイレを覗きに行き、
扉の前から「キャ〜!くさ〜〜い!」と逃げ帰って来た。
恥ずかしそうな顔で出て来た田中くんと入れ違いに
まっきんがトイレに向かった。
田中くんは、
「お願い〜〜!まっきん、全部吸って〜〜!」と祈った。

120228a

120228b

We Love 田中くん。