床に寝転び、吹き抜けの天井を見つめていた夏乃が
真面目な顔でつぶやいた。
「正太郎くんのパパは、このお家に入れるかなぁ…」

120315