「今日は学校で小春ちゃんに会えた!」
でもよくよく話を聞いていくと、どうやら心細くって
小春に会いたくて、小春の教室がある階段付近にいたみたい。
上るまでは勇気がなくて。
想像すると、私は涙がどかどか湧いてきてしまう。
でも入江ちゃんは「なっちゃんはきっとすぐに友達ができるから、友達がいない今の時期はなっちゃんにとって、大切な時間だね」と言った。
なっちゃんは生まれて初めての感情を受け止めている。
たくさんのことを感じているだろう。
小春もいつになく夏乃に優しい。
カレンダーを見ながら、一緒に下校できる日に○をつけたりしている。
お友達はもちろんいた方がいいけれど、
なっちゃんにお友達がいない、この数日が我が家にとって、
かけがえのない日々になっている。

140409