フクダカヨ絵日記

平成の長谷川町子と言われたり言われなかったり

カテゴリ: わたしのともだち

雨の中、水たまりを裸足で歩いている子どもがいた。 あれは間違いなくわたしの友達。もう小学生になってたんだ〜。 彼には、去年マンションの入り口で声をかけられ、20分ほど話し込んだ。何を話したかはまるで覚えてないが、今時の子どもにはないアホさ加減にとても惹かれ ... 続きを読む
雨の中、水たまりを裸足で歩いている子どもがいた。
あれは間違いなくわたしの友達。もう小学生になってたんだ〜。
彼には、去年マンションの入り口で声をかけられ、20分ほど話し込んだ。何を話したかはまるで覚えてないが、今時の子どもにはないアホさ加減にとても惹かれた記憶がある。
垂れ下がった長ズボンは、たくし上げられられることもなく、ドボドボにぬれている。
あ〜変わらずにアホだ。
ちょっと嬉しい雨の日になった。

041005.gif