洗濯物干すときもたたむときも、小春は楽しそうに邪魔ばかり。
いつものように足下で、洗濯バサミをばらまき、舐めていた小春に、
何の気無しに、「あ、それ頂戴。」って言ったら、ゆっくりと手渡してくれた。
そして私の作業に合わせて、次々と洗濯バサミをくれる。
「天才じゃね〜〜の〜〜〜〜?!!小春ぅ〜〜〜〜!」
って感動してたけど、
島木譲二も渡してくれたとこ見ると、まあ普通の赤ちゃんだな。

050915

天才・小春↓
http://enikki.cocolog-nifty.com/iriephoto/2005/09/vol29__9efe.html